言の葉専科「小町のささめき」

美しい言葉、心に残る言葉、名言、季語、新語などをお届しています。

スポンサーリンク

5月26日は『源泉かけ流し温泉の日(野沢温泉)』&毎月26日は『風呂の日』、野沢菜食べて、露天風呂で命の洗濯!

 ☆彡5月26日は『源泉かけ流し温泉の日(野沢温泉)』 :
順徳天皇(1197~1242年)の時代から「日本三御湯(みゆ)」の一つに数えられた長野県の「野沢温泉」の源泉をかけ流しで提供する旅館等で結成した「野沢温泉源泉かけ流しの会」が制定。
「源泉かけ流し全国温泉サミット」の開催日に合わせて、科学的にも確認されているその泉質の良さをアピールするのが目的です。
日付は、5と26で「極上(5)な風呂(26)」という語呂合わせにもなっています。

 


Nozawa Onsen 野沢温泉

 

☆彡毎月26日は、
●『風呂の日』 : 
「ふ(2)ろ(6)」の日。
1985(昭和60)年5月に、関東のガス供給会社が「家族がお風呂に入って、親子の対話を」と制定。
それとは別に、各地の温泉街・銭湯等でキャンペーンを実施しています。

今日は26日ということで二・六(ふろ)と読めるので風呂関連の記念日が2つありますね。


野沢温泉(のざわ おんせん)は、長野県北部の下高井郡野沢温泉村にある温泉。

泉質は硫黄泉、源泉温度42 - 90℃。
熊の手洗湯の源泉が比較的低温だが、他の源泉は温度が高い。

 

歴史は古く、奈良時代行基によって発見されたとされる。
鎌倉時代には犬養御湯として、名取御湯、信濃御湯とともに三御湯と呼ばれた(順徳天皇著『八雲御抄』)。但し犬養御湯ではなく三函御湯が入ることもある。
江戸時代には飯山藩主の湯治場が設けられた時期もあった。

 

温泉街は約百万年前に噴火した古い火山である毛無山(標高1650m)の裾野に、数多くの旅館や宿泊施設がある。


共同浴場大湯の周辺には大小の旅館や土産物屋が密集している。温泉街の道は狭く曲がりくねっており、また坂が多いのが特徴である。
斜面の上手(東側)には日本有数の規模を誇る野沢温泉スキー場が広がっており、その近辺にはスキー客用のペンションが多い。旅館街より南側はスキー客用の民宿街となっている。


野沢温泉の特徴として、13軒ある共同浴場(外湯)が挙げられる。これは地元の湯仲間という組織によって管理・運営されていて、観光客にも開放されており、寸志で入浴できる。

 

野沢菜野沢温泉の名物で、蕪菜の一種で長く伸びた茎と葉を漬物にして食べる。

久しぶりに露天風呂にでも入り、命の洗濯でもしますかね。


☆彡今日の一言美しい言葉「桐の糸」きりのいと
琴の音も誇らしげに~

 

琴の胴の部分はほとんど、桐の木で作られているようです。

そのことから琴のことを桐、弦のことを桐の糸と呼ぶようになり、やがて桐の糸が琴そのものを指すようになりました。

桐は切れば切るほどよく成長するので「きり」と名付けられたといわれます。

成長が早いことから、昔は、女の子が生まれると、桐の木を植えたそうです。

ちょうどお嫁に行く頃には、タンスを作ることができる程に大きくなっているからだとか。

そのタンスをもって、お嫁に行ったのですね。

花は藤色でまっすぐ空に向かって、咲きます。切られても切られても、それをばねにするかのように、大きく成長していく桐の木。

その花は誇らしげに胸を張っているようです。

 

 

美人の日本語 (幻冬舎文庫)

美人の日本語 (幻冬舎文庫)

 

 

以上は山下景子著 美人の日本語より 一部抜粋

スポンサーリンク  

 

5月25日は『主婦&主夫休みの日』です。今日だけは? 必殺「手抜き技」を使いましょう!

5月25日は『主婦休みの日』です。
『主婦休みの日』 : 株式会社サンケイリビング新聞社が中心となり制定。
年中無休で家事や育児にがんばる主婦が、ほっと一息ついて自分磨きやリフレッシュする為の主婦の休日です。
一般アンケートにより、年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み等の主婦が忙しい時期の後の◎1月25日・◎5月25日・◎9月25日の年3日を「主婦休みの日」として、女性の為の生活情報紙を発行している新聞社が中心となり2009年(平成21)に制定。
日頃は家事や育児を主婦に任せがちなパパや子供達が家事に取り組み、その価値を再認識する日としています。
因みに「主婦」とは普段から家事を主に担当している人の事をいい「主夫」も含みます。

主婦は365日営業、年中無休ですから今日だけは、大いに休んでください。

 

私は「主夫」やっていますのでゆっくり休みます。

 

どうしても休めないお母さんに必殺技をお教えします。

 

「手抜き」です。今日だけは仮病を起こして休むと家族のみんなが優しくしてくれます。

 

ご飯の用意が気になる方は

 

涙を拭いて♪~

 

コンビニやスーパーで弁当にしましょう。私が好きなのは「幕の内」です。よろしくね。

 

☆彡今日の一言 「一入」ひとしお・・・染まりゆく想い

もともとは染色の時に、染料に一度浸すことです。

藍染では、一入だけ染めた色のことを「瓶覗き」というそうです。瓶を覗いた間に染め上がった色という意味で、染料に浸すごとに色は濃く、深くなっていきます。

 

水色⇒水浅葱・みずあさぎ⇒浅葱⇒薄ハナダ⇒浅ハナダ⇒納戸⇒藍⇒紺⇒かちいろ⇒濃紺

 

人の感情に置き換えられて使われるときも、「喜びも一入」とか「一入身に染みる」等のように、しっぽりとココロ全体が染まってしまうようなときに使われます。

 

心も、喜び、悲しみ、恋しさ、苦しさに染め上げられるたびに深みを増していくのでしょうか。

 

 

美人の日本語 (幻冬舎文庫)

美人の日本語 (幻冬舎文庫)

 

 以上は 山下景子著 美人の日本語より一部抜粋

スポンサーリンク  

 

今日は伊達巻の日、誕生花はシャクヤクです。「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」

5月24日は伊達巻の日です。

 

☆彡今日の記念日

●『伊達巻の日』
厚焼きや玉子焼きをはじめとする寿司具全般のトップメーカーで、大阪府吹田市にある株式会社せんにちが制定した日。戦国の武将として名高い伊達政宗公の命日(5月24日)を由来として、華やかで洒落た滋養豊かな卵料理である伊達巻を、日本の食文化として広く後世に伝えていくことを目的としている。伊達巻はおせち料理や大阪寿司の一品として欠かせない食べ物。


・伊達巻は初夏のころに食べると胃にいいそうですよ。あっ、消化(しょうか)

【「初夏・しょか+消化・しょうか」をかけあわせた高度な駄洒落、おやじギャグともいう】

 

☆彡5月24日の『誕生花』:
ムギワラギク(麦藁菊)  花言葉は永久に、永遠の記憶、献身、「思い出・私を思って」
ロベリア  花言葉は悪意、謙遜、譲る心
ワトソニア  花言葉は豊かな心
ヘリオトロープ  花言葉は献身的な愛、献身、熱望
キランソウ(金瘡小草)  花言葉はあなたを待っています
アカツメクサ(赤詰草)・Red Clover 花言葉は「善良で陽気」
シャクヤク芍薬)・Chinese Peony 花言葉は「羞じらい・はにかみ」です。

 

☆彡今日の一句
芍薬の芽のほぐれたる明るさよ 星野立子

シャクヤクの芽は、日光を浴びて赤く輝いている。「明るさよ」の詠嘆に開花への期待と喜びを込める。

 

ラジオ深夜便誕生日の花ときょうの一句 第2集 (ステラMOOK)

ラジオ深夜便誕生日の花ときょうの一句 第2集 (ステラMOOK)

 

 「ラジオ深夜便 誕生日の花ときょうの一句第二集」制作プロジェクト より


※「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」について

芍薬も牡丹も共に美しい花で、百合は清楚な花であることから、美人の姿や振る舞いを花に見立てて形容することばです。
芍薬はすらりと伸びた茎の先端に華麗な花を咲かせ、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつける。百合は風を受けて揺れるさまが美しい。

芍薬はまるで美しい女性が立っている姿のよう、牡丹は美しい女性が座っているよう、百合は美しい女性が歩く姿のようだと言われている。

芍薬は立ったまま見るのが一番美しく、牡丹は座って見るのが一番美しく、百合は歩きながら見るのが一番美しいという説もある。


※『伊達巻』について
伊達巻という名前の由来については、
伊達政宗の好物だったことから伊達巻と呼ばれるようになったという説
➁普通の卵焼きよりも味も見栄えも豪華なために、洒落て凝っている装いを意味する「伊達もの」から伊達巻と呼ぶようになったという説
➂女性用の和服に使われる伊達巻きに似ていることからこう呼ぶようになったという説
など諸説ある。

 

➁の説が洒落てて、食べてても美味しい感じがします。どうも女性の腰巻を食べるのは気が進みませんね。

 

※伊達男について
朝鮮出兵時に政宗が伊達家の部隊にあつらえさせた戦装束は非常に絢爛豪華な
もので有ったらしく、これ以来派手な装いを好み着こなす人を指して「伊達者(だてもの)」
と呼ぶようになった、と通説で言われています。

でもね♪~

「伊達男とは政宗がかなりの男前だったことから苗字を取って伊達男となった」、
とも言われています。


しかし、
伊達政宗の数百年前から「男立て」(おとこだて。男らしく、勇敢に振舞う)という言葉があり、それが略されて「だて」となり、やがて「伊達」と結び付けられていった』とも言われており、この説の方が妥当のように感じられます。

 

伊達政宗とは奥州伊達家17代目の藤次郎政宗のこと
生誕 永禄10年8月3日(1567年9月5日)死没 寛永13年5月24日(1636年6月27日)
伊達 政宗(だて まさむね)は、出羽国陸奥国戦国大名・伊達氏の第17代当主。仙台藩初代藩主。
伊達氏第16代当主・伊達輝宗正室最上義守の娘・義姫(最上義光の妹)の間に生まれた嫡男。幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世独眼竜と呼ばれた。


☆彡今日の一言 美しい言葉「派手・はで」常識を破るカッコよさ

三味線では、本来の弾き方のことを本手(ほんて)、それを打ち破った、細かくにぎやかな弾き方を破手(はで)というそうです。

やはり、常識を打ち破ったところにかっこよさが生まれるものなのでしょう。

常識破りの華やかで目立つことも、みんなが真似をするといつしか常識になります。

そして、また新しい破手が生み出され、いろいろな破手に分かれていったのでしょう。

 いつの間にか分かれるという意味を持った「派」という感じが当てられ手、「派手」と書くようになりました。

人は華やかなもの、目立つものに憧れるものです。それは心の中に、何かを打ち破りたいという欲求が潜んでいるからなのでしょうか。

 

 

 

美人の日本語 (幻冬舎文庫)

美人の日本語 (幻冬舎文庫)

 

 以上は 山下景子著 美人の日本語より一部抜粋

スポンサーリンク  

 

スポンサーリンク